鹿児島旅行二日目 指宿 砂むし会館砂楽の砂蒸し風呂へ

鹿児島旅行二日目は5:30起床予定が6:00にすぎ起床、ホテルの温泉へ入りこざっぱりしてから生見海水浴場へ移動しました。

90分ほど車で移動して到着。8時すぎぐらいだったのですが、まだ開いていませんでした。開いていないので駐車場にも入れず、というか一車線のビュンビュン車が走っているところをグダグダ止まることもできないのでとりあえず落ち着けるようなところまで前進。

すると落ち着けるようなところがなく延々と進むので予定を前倒しして砂むし会館砂楽へ行くか!となりました。

8:30ごろ到着。砂むし会館砂楽はすごいです。8:30開館です。旅行者の味方!

指宿 砂むし会館砂楽
指宿 砂むし会館砂楽

ご入浴あんない。なんだか、そんなに火傷続出なのかな、と不安な気持ちになってきました。

砂むし会館砂楽 ご案内
砂むし会館砂楽 ご案内

図説 入浴あんない。

砂むし会館砂楽 図解案内
砂むし会館砂楽 図解案内

外国人の方も朝から砂蒸し風呂。フロントの方もペラペーラでした。

砂むし会館砂楽 浴衣
砂むし会館砂楽 浴衣

お土産やさん。あまり見ていません。

砂むし会館砂楽 お土産
砂むし会館砂楽 お土産

110円で購入できる頭に巻く用の手ぬぐい。記念に購入しました。記念用なのでこれは使いませんでした。るるぶFREEに手ぬぐいクーポンが入っていました。それは帰阪してから知ったことです。

砂むし会館砂楽 手ぬぐい
砂むし会館砂楽 手ぬぐい

浴衣に着替え、備え付けのサンダルを履いて外に出ます。ここまでは市営プールのような雰囲気ですね。

砂むし会館砂楽 浜へ
砂むし会館砂楽 浜へ

海岸沿い。砂浜にいきなり7~80度の熱水がブワーッと湧き出すことがあるそうです。とても危険ですね。

砂蒸し風呂へ
砂蒸し風呂へ

石碑。

砂むし会館砂楽 石碑
砂むし会館砂楽 石碑

もう少しで蒸され場所です。

砂むし会館砂楽 浜
砂むし会館砂楽 浜

奥の方では既にたくさんの人が埋められているのです。

砂蒸し風呂
砂蒸し風呂

この時間帯では日が差さなかったので不要でしたが、時間帯によってはパラソル必須な感じになるのでしょうか。

砂蒸し風呂 傘
砂蒸し風呂 傘

となりのブロックでは高温の海水が満ちており、それをスタッフの方がかき混ぜておられました。湧き出す熱水で消毒しているということです。

砂蒸し風呂 風景
砂蒸し風呂 風景

いざ埋められ。全身がドクドクして、熱いです。汗もたくさん出ます。家に品蒸し風呂が欲しいです。10分ぐらい埋まって終了。しばらく汗が止まりませんでした。温泉に入って着替えました。

砂蒸し風呂 汗
砂蒸し風呂 汗

1894年の砂蒸し風景。

砂むし会館砂楽の昔の写真
砂むし会館砂楽の昔の写真

さり気なくすごいものが飾られていました。

砂むし会館砂楽 絵
砂むし会館砂楽 絵

砂むし会館砂楽 手塚治虫
砂むし会館砂楽 手塚治虫
砂むし会館砂楽 絵
砂むし会館砂楽 絵

風呂あがりのサイダー。

指宿温泉サイダーです
指宿温泉サイダーです

指宿温泉サイダー
指宿温泉サイダー




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です