20150502-iphone (3)

適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。

外出後10分のingressで活動限界を迎えるキレキレの我がiPhone5を外部バッテリー3つ常備体制で1年半支えてきたのですが、このたび一念発起して交換してもらってきました。

実は2015年3月1日に終了する予定だったという「iPhone5 バッテリー交換プログラム」。適用期間が延長されたということは一切知らずに「よし交換してもらおう!」と勇み立っていたので今振り返ると行動が遅すぎでした。

思い起こせば購入して一年目ごろからバッテリーの持ちが非常に悪くなったので、心斎橋のアップルにあるジーニアスバーを予約して、電車に乗って相談しに行ったのですが「問題ないです」「アプリ貯めすぎなんです」「全く異常ありません」と突っぱねられておりまして、もう二度と心斎橋にもアップルにもジーニアスバーにも行きたくなかったんですね。

でもまあ、そういうこともあるんだ、確率の問題なんだ、と自分に言い聞かせて、シリアルの確認から始めました。

https://www.apple.com/jp/support/iphone5-battery/

ごく一部の iPhone 5 のバッテリー駆動時間が急に短くなったり、より頻繁に充電が必要になったりする可能性があることが判明しました。影響が確認されているのは、2012 年 9 月から 2013 年 1 月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 5 です。

上のサイトにシリアルを入れて対象機であることを確認。よく文章を読んでみるとApple Store以外にも「Apple 正規サービスプロバイダ」でもバッテリー交換ができるとのこと。こんな表示あったっけ?と思いながら見てみると、堺のキタムラカメラが近そうなのでとりあえず電話してみました。まとめると下記のような感じ。

「iPhone5 バッテリー交換プログラムの対象なんですけど交換してもらえますか」
「アップルには電話されてますか?」
「いいえー」
じゃあまずアップルに電話してください。チェックしてもらってください。それから来てください」
「ちなみに、バッテリー交換ってどれぐらい時間がかかるもんなんですか?」
「うーんまあ、2~30分ぐらい?まあ先にアップルに電話して!」
ということでアップルに電話することに。

フリーダイヤルにかけて、自動音声の案内に従い、問い合わせ該当端末などを選ぶと、やたら明るくふるまう担当の人につながる。
「iPhone5 バッテリー交換プログラムの対象なんですけど交換してもらえますかってキタムラカメラに電話したらこちらにかけてくださいということだったんですが」
「はい、ではあなたのiPhoneが本当にバッテリー交換が必要かどうかを診断しますのでiPhoneのメールアドレスを教えてください」
「(うわっ口頭でメルアドとか面倒くさっ)はい ほにゃらら~んです」
「はい、ではそのアドレス宛てに診断用のURLとかの案内を送りますので切りますね」

メール来ない
アップルから電話
「メールエラー出るんですけど」
「いや、あってるんですけど。gmailでもいいですか」
「iPhoneで見れるやつやないとアカン」
「じゃあYahooでもいいですか」
Yahooのアドレスに送ってもらうことに。

こんなのが来た。

適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。
適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。

ので、iPhoneに転送する。

適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。
適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。

「iOS」をクリックしても何もならず、その下のdiags://43276.をクリックすると診断用のサイトにつながる。

診断を終えて、もう一度アップルに電話。
「はい、ではバッテリーは交換対象となるようですのでご案内します。突然のことでびっくりされましたよね。でも大丈夫です。しっかり対応致しますのでご安心ください。まず、アップルストアにiPhoneをお持ちいただく場合、3日ほどiPhoneをお預かりすることになります!」
「(問題なしの一点張りで追い返したクセに…)20分で作業が終わるキタムラに行くからアップルはいいです★」
特に暗号とかパスワードみたいなものは必要ないみたいでした。

日をまたいで、カメラのキタムラ 堺・プラットプラット店へいざ推参。アポー正規サービスプロバイダって書いてある。

適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。
適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。

店内はもうカメラ屋はおまけで、出張ジーニアスバーみたいな感じでした。嫌な思い出をむりやり力ずくで掘り起こされるような感じです。

カウンターの人がちょうどお客さんと話し終わったようなので話しかけてみると、「先に受付を済ませてください」とのこと。「先に受付を済ませてください」って書いとけ!

受付で「iPhone5 バッテリー交換プログラムなんですけど…」と伝えると、ここでもシリアルチェック。
「あ、はい、対象機ですねー」
iPadに氏名住所、署名などを入力してカウンター待ち。
さっと預かってもらってさっとバッテリーを替えてもらったらそれでいいんですが、カウンターに座るまでバッテリー交換はされないんですね。

5分ほど待って順番が回ってきました。担当の方の自己紹介が始まり、
本日はどうされましたか?
(#^ω^)ピキピキ
「バッテリーがすぐ切れるんで交換してもらいに来ました」
「そうですかあ。だいぶ調子悪いんですか?
(#^ω^)ピキピキ
「うん、だから、もうそういうのはいいから早く交換してもらえますか」
「あ、はい、わかりましたー。それでは、こちらのiPhoneがバッテリー交換プログラムの対象機が確認しますね」
(#^ω^)ピキピキ

それから20分ほど経って、無事にバッテリー交換完了。問題なく充電ができるかの通電確認と書類作成の待ちでさらに10分ほど待ち、無事に手続き終了。今回交換したバッテリーは約3ヶ月の保証が付くそうです。

適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。
適用期間が延長されたiPhone5 バッテリー交換プログラムに適用されに行ってきました。

それにしてもバッテリー代7,106はまだしも、技術料5,400円は…。今回はiphone バッテリー交換プログラム適用なので、お代は無料でした。




関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です