シンガポール旅行当選記

Just another WordPress site

MRTでノヴィナへ行き、ウィーナムキーで昼食は絶品チキンライス!

朝カジノを満喫し、最後の屋上プールへ。
出発予定まで1時間ほどあり、徹底的にのんびりとしました。やっぱりちょっと寒かったですが、のんびりしました。

いつかまた自費で来れますようにと思いながらプールを後にし、部屋で荷造りを終え、いよいよチェックアウト。このクラスのホテルに宿泊できるには次は何年後なんだろうと思いながら、マリーナ・ベイ・サンズを去りました。

カードキーともお別れの時が。

冷蔵庫には細心の注意を払った甲斐もあり、受付のおねーさんに「オッケー!センキュー」と追加料金無しのお言葉を頂き、10:40に無事チェックアウト。

ちなみに冷蔵庫の中身を動かしたりしてしまうと英語でモメないといけないそうです。今でもJTBガイドさんの言葉を覚えています。

「払ったら飲んだことを認めたことになります。絶対にNO!と言ってください」

MRTに乗り、ノヴィナの駅へ。

向かった先はウィーナムキーというチキンライスが有名なお店。因縁のチキンライスを食べに向かいました。

途中でもらったウェンディーズのチラシ。2枚づつ配っていました。日本だったら叱責の雨嵐です。



目的地はここだ!

途中にあった幼稚園らしき建物。

マンション。ベランダ広すぎ。

さほど迷うことなく無事に到着。

なお、余談ですがるるぶ’13ではジャンボのチリクラブが28点、ここの南海チキンライスが29点となっていて、かなりの鉄板物件なので期待していました。というか先日のマックスウェル・フードセンターの改装工事がなければここには来ていなかったと思います。

席に座り、注文。
おばちゃん「ツーセット?」
わたし「ワン…」
おばちゃん「ワン!?」
わたし「ワン…」

ソースをかけたり、チリソースやジンジャーソースをつけたり、スープをかけたりしていただきました。

ローストでいただきましたが、なんというか、文句なしでおいしいです。ご飯だけでもおいしい、チキンもおいしい、何を付けてもおいしい、そして安いという、近所に1件欲しいお店です。

ノヴィナ駅に戻る途中にあったショッピングセンター、VELOCITY NOVENAでサクッと両替。

このへんですね。

大きな地図で見る

ついでに少し散策してみました。

本屋さん。

百円均一と思われるお店を発見。表記が普通に日本語、というか少しあやしい中国語表記混じりの日本語でした。

evergreenのお店なんていうものも。中は普通の文房具屋のような感じで、斜め上を行くガジェットグッズとかはありませんでした。

タウンノートさん
ウィーナムキー・チキンライス
(イーナムキー・Wee Nam Kee Chicken Rice・威南記 海南鶏飯海鮮餐室)


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。

10/29 シンガポール4日目! 朝カジノへ

いよいよシンガポール滞在最終日となりました。
良かったことや(主にツアーで体験したこと)キツかったこと(主に個人で動いて体験したこと)、色々ありましたが、悔いのない最終日を過ごすためひとまず腹ごしらえ。

マリーナ・ベイ・サンズの1Fには三店舗ぐらいビュッフェ会場があり、どこに行ってもOKという事だったのですが結局3日連続でriseをチョイスしていました。一番広く、一番メニューも豊富なのでほぼ一択で問題ないと思います。
ナッツおいしかったです。

ただ、七時半~八時を過ぎた辺りから入店するのに並ばなければならなくなるので、スムーズに食事するためには早めに入ったほうが良いと思います。席も食事から遠くなるので。

最後の朝食も早々に向かった先はカジノです。

昨晩は力尽きてしまったため、朝カジノ。パスポートチェックの人もとりあえず怖いです。パスポートを機械に通すと年齢が表示されていました。

朝なので、閑散としていました。週末の夜はごった返すのかなあと、ぽわーんと考えながらぶらぶらしていました。

ディーラーのいるテーブルもまばら。ここはサイコロを3つふって出た目を当てる丁半博打の進化したようなゲームのテーブル。もちろんやりませんでした。

千ドル二千ドルと突っ込む予定も度胸もないので、とりあえず小金で一人で遊べるスロットをチョイスしました。絵柄も当たりパターンもたくさんある複雑なスロットです。

1BET5セントのマシン。ラインを増やすか、ベット数を増やせばその分リスクとリターンが上がっていくんですね。1BET 1LINEだと、真ん中のラインで揃った時だけ当たりとなります。

これも5セント。ひたすら1bet 1lineです。

レバーを引いても回ります。カジノみたいです。

エラい絵柄が揃うとオートスピン(勝手に回ってくれて、当たった分はもらえる)がはじまります。オートスピンでモトが取れたところ。

最後の方になると、やはりイケイケドンドンになって20ライン5ベットみたいな賭け方になってしまったのですが、もう残金がなくなる~といったところで元手回収できるぐらいガツンと当たりまして、収支トントンで終わりました♪色々遊べて楽しかったです。


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。