シンガポール旅行当選記

Just another WordPress site

シンガポールの地下鉄(MRT)に乗るための券売機攻略マニュアル

オーチャードをあとにして、地下鉄MRTに乗りました。
シンガポールの地下鉄はちょっとクセがあり、旅行者、とりわけ英語力のない旅人には容赦なく牙を剥きだして旅路の邪魔をしてきます。少し説明してみようと思います。

まず、入るお札は5ドル札までです。硬貨、1ドル札,2ドル札,5ドル札だけです。
私を含め、10ドル札や20ドル札を投入口へ入れ続ける方がたくさんいました。
その人達のおかげで券売機に長蛇の列ができます。

細かいお金がある場合はそれを使い、ない場合は改札や近くの窓口にいる人達にお札を見せて「あー、あー、」と言っていたら「ハイハイ」という顔で小さなお金に両替してくれますので(切符とかはないので券売機で買わないといけない)、それで券売機へ向かいます。

券売機はタッチパネルになっており、目的地の駅を見つけ出してピッと押します。
モニターに、駅名と、料金が表示されますので、料金を投入。
夫婦、友達などで複数枚必要な場合、日本の券売機と同じように「まとめ買いボタン」がありますので、それを押して枚数を選択。まとめて買えますので後ろの人の目線を気にしなくてよくなります。

シンガポールの地下鉄では切符ではなく、PiTaPa、ICOCAのようなICカードが出てきます。
このICカードを改札口にピッとすることで、乗車することができるようになります。

駅構内はどこもキレイです。

学校を終えた若者たちの帰宅時間とばったり重なりました。

シンガポールのエスカレーターと動く歩道はスピードが早いです。乗った時にバランスを崩します。

クールジャパンということでエヴァンゲリオンで日本観光旅行の宣伝広告でした。

これは沖縄バージョンで、駅構内を書く都道府県バージョンが延々と貼られていました。下のポラロイド写真の中身が違うだけで、キャラは同じです。

地下鉄車内。大阪市営地下鉄と比べると、狭い(鶴見緑地線ぐらい)、ポールが多い、椅子がプラスチック、などなど。


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。


Your email address will not be published. Required fields are marked *

*