シンガポール旅行当選記

Just another WordPress site

宿泊先ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」に到着 アメニティを写真付きでチェック!

すっかり夜になったシンガポールを颯爽とバスは走り、遂にあの「マリーナ・ベイ・サンズ」に到着しました。帝国ホテルを横に3つ並べて、その上に一つづつ乗せてその上に細長い船を乗せたような、帝国ホテル6つ分ぐらいの大きさのホテルです。大きさ的に。

さっそく暗い写真で申し訳ございませんがロビーから見た天井の方です。ロビーの植木鉢は全てとても大きく、お水やりが大変そうでした。あと、外人がたくさんいます。

前置きはこの辺にして、待望のアメニティチェックに入りたいと思います。まずはグラス類、TWGの紅茶、コーヒー、砂糖、ミルクが引き出しに入っています。
コーヒーは2種類、TWGはイングリッシュ・ブレックファスト、カモミール、エンペラー煎茶ジャパンが2つづつ入っています。連泊する場合、ティバッグを抜いておくとキッチリ補充されますので、どうぞ。

マリーナ・ベイ・サンズでは冷蔵庫内のドリンクをちょっとでも動かすとバッチリ課金されるそうで、出国前にも出国後にもさんざん注意を促されているのですが、唯一自由に飲めるのがこのベッドサイドに置かれたミネラルウォーターです。外出時に常に持ち歩いたりしたので大活躍でした。こちらもなくなっていれば掃除の際に補充されます。

ベッド。初日は茶色の枕のようなもので寝ていたのですが、2日目以降になくなっていました。最終日にテレビの下に格納されていたので、これは枕ではなくクッションとして使うもののようです。いまさらなんですが。

ベッドの横に鏡がありますー

ソファ。雑誌「サンズスタイル」。そういえば読みませんでした。

部屋から見た夜景。海、植物園、身を乗り出して左を見るとサーキット場が見えます。

トイレ。評判通り丸見えスタイルです。ちなみにTOTO製。トイレットペーパーの上に非常用の?電話。エマージェンシーコールの記載。ウォシュレットはとりあえずなし。

洗面台。こちらも丸見えスタイル。バスタオル4枚、手ぬぐい3枚。カタカナで「マリーナ・ベイ・サンズ」の縫込みがあれば100%の確率で持って帰るんですが…ありませんでした。。。

丸見えは丸見えなんですが、この洗面台ルームに入るところに横開きのドアがあるので、そこを閉めればなんとか見えない状態になります。ドアに気づかないと、お寒い状態でシャワーを浴び続けることになります。

左から、石鹸、ボディソープ、リンス、シャンプー。初期配置がかっこよすぎます。

シャワーヘッド。使い勝手は悪いですが外人になった気分です。結局最後まで温度調節の仕方がわからず、とてもお湯が熱かったです。

洗面台アメニティ。ボディローション、歯磨き、クシ、おふろセット3種。撮影していませんが洗面台の右側に四角柱の革張りの入れ物があり、そこに綿棒、刺繍セット(針・糸)、つめみがきセット、と、あと何かが入っています。髭剃りはリクエストするとシェービングクリーム付きでもらえます。最初はありません。

クローゼット左。上から電気ケトル、コップ、金庫、収納場所。

クローゼット右。アイロン台、アイロン、バスローブ、耐水スリッパ。このスリッパでプールOKです。

クローゼット上段。予備の布団?

テレビの下。

コンセント、コンセント変換器、LAN。コンセント変換器ありました!!Wi-Fiもバンバン飛んでます!認証は、「部屋番号+ファーストネームの最初の3文字」です。例えば4620に泊まる長岡さんなら「4620NAG」です。チェックアウトまで有効。チェックアウトするとバッチリ切られます。

革バインダーの中にメモ用紙とポストカードを発見。早速日本の子供に向けてエアメールをしたためました。シンガポールの郵便局事情は全く分からないのですが、1Fロビーのコンシェルジュに「ディス!センド!ジャパン!エアメール!」というと「50セントが2通で1ドルになるよ」ということで、出してくれました。この日、10/26に出して、帰国後の11/2に到着。消印は10/29でした。そういえばチップを渡していませんでした。センキュー、コンシェルジュ。


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。


Your email address will not be published. Required fields are marked *

*