シンガポール旅行当選記

Just another WordPress site

アラブストリート サルタンモスクの中へ

蒸し暑いガウンを着て、いざモスクの中へ。

礼拝堂入口の門、の上にある時計。とってもデジタルですね。

礼拝堂と見学場所を区切る柵の紋様。

神聖なお祈りする場所。見学者というよりも、異教徒は入れないというニュアンスのようです。

神聖なお祈りする場所で少年は一心不乱に短距離ダッシュからスライディングに移るモーションの練習に明け暮れていました。でもやっぱり厳かです。

いろいろ展示物があったんですが、写真を撮っているうちに時間が来てしまったので何も見ずに出てしまいました。

プレート。

清掃する人たち。

ココナッツジュース。

裏路地を爆走する清掃車と高層ビル。

植木に刺された無数のフォーク。

アラブストリートネコ発見!

バス。の後ろ。圧巻の日野自動車です!

そよそよしていました。


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。

アラブストリート サルタンモスクに到着。近辺のお店と入場まで

次に向かったのはアラブストリートにあるシンガポール最大の寺院、サルタンモスクです。

サルタンモスクとは何たるかについては、シンガポールナビさんから引用させて頂きます。

1824年にサルタン・フセイン・シャーによって建築されたといわれているこのモスクは、現在でもアラブ・ストリートのシンボルとして有名。お祈りの時間は観光客の入場が制限されますが、それ以外の時間帯は観光客も自由に見学できるようなつくり。中に入る際には、入場する人の名前・国籍・入場者人数を記帳へ書き込み、肌の露出が目立つ人は、ガウンを借りて。モスク内部は神聖な雰囲気で空気もピンと張り詰めた感じです。
http://singapore.navi.com/miru/35/

ということで、お祈りをするとても神聖な場所なんですが、観光客は見学できるし写真も撮ってもOKという場所です。気前がいいなあ。

ちょっと離れて撮影。ブッソーラ・ストリートから。

到着した時点では、ちょうど見学NGのお祈りタイムだったためちょっとだけ自由行動になりました。

近くのおみやげ屋さんや町並みを物色。1$の手作り鉛筆のようなものから、青天井の精巧な手編みカゴなど幅広いラインナップでした。

子供がカゴを欲しがっていたのですが、思い出で買うにはためらってしまう金額だったので買えませんでした。。

布を売るお店がたくさん。

まるで駄菓子屋のようです。

モスク内へ入場できる時間になったので、いよいと入ることになりました。
入り口の階段の手前で靴を脱ぎ、いざ上がろうとすると上に服装チェックの生活指導教員的なオジサマが立っており、「オマエは肌が出過ぎだ」「オマエの短パンはアウトだ」という事を現地ガイドさんに向かって注意されていました。

ノースリーブの女性や、短パンでモスクに来た人がはねられるのですが、この場合は入り口にある貸し出し用に置いてある青いガウン(カッパみたいな服)を着させてもらうことで入場できるようになります。私は短いジーパンだったのでそれをしぶしぶ着て入場しました。尋常では無いぐらい暑くなるので、ノースリーブの予定の方は羽織るものなどを持参して行けばいいかと思います。短パンの場合の対処法はよく分かりません。ストールを腰に巻くとかかな?

見学の注意書き。日本語訳でバッチリ説明されています。


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。