シンガポール旅行当選記

Just another WordPress site

ビーチ・トラムで昼のお食事処「ウェーブ・ハウス」へ移動

無料で乗ることのできるビーチ・トラムに乗り込んで潮風に揺られながら到着したのは昼のお食事処「ウェーブ・ハウス」。

店内から見える「ウェーブ・ハウス・セントーサ」。波乗りマシンでサーフィンをして遊ぶことができます。

南アフリカ・ダーバン、アメリカ・サンディエゴ、チリ・サンティアゴに続く4施設目で、アジアでは初の施設だそうです。

見てるだけで楽しいです。ビギナー用とプロ用があり、ビギナーが一時間30$、プロ用が一時間45$で土日は共にプラス5$で遊べるそうです。

注意書き

横にはプールも。

浜辺など。





・セントーサ島に人工波のサーフィン施設-レストランやバーも併設
http://singapore.keizai.biz/headline/4854/


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。

セントーサ島 シロソビーチの方でイベント「RED BULL FLUGTAG 2012 SINGAPORE」

ピンクイルカとの念願の記念撮影が終わり、昼食に向かうことに。

Amazonのようなsentosaバス。

シロソビーチの方でなにかイベントが行われている様子。

レッドブル主催のイベントで、「1st RED BULL FLUGTAG 2012 SINGAPORE」というイベントが行われていました。人が結構たくさん集まっていたり、大きなモニターが設置されていたりと、そこそこ大きいイベントのようで、何をしているのかというと「鳥人間コンテストのようなもの」でした。

「のようなもの」というのも、日本の鳥人間のように飛距離だけでポイントを競うだけでなく「飛距離もさることながら、どのような形状、デザイン、コスチュームかなどの面白さ、クリエイティビティにも強い着目がされています。」とのこと。

そういえば水族館のバス停を降りた時にムチムチのレッドブルギャルからチケットをもらってました。

日本では鳥人間があるからなのか、海外ではメジャーなイベントとなっているようでした。
てっきり、浜辺でヨーイドンで旗を取りに行くアレかと思っていました。

詳細窺うことは叶わず、乗合バスのような「ビーチ・トラム」に乗って昼食ドコロまで移動します!


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。