シンガポール旅行当選記

Just another WordPress site

ハーバーフロントの白ロム屋、カメラ屋、SIM屋さんを巡る

食事が終わった方は自由行動していただいて構いませんということでしたので、さっそく店を出ることに。

建物の1Fに降りると、フードコートやカメラ、電子機器のショップ、おもちゃ屋さんなどたくさんのお店がありました。

奥の方にはモニュメントが。

フードコートの一店。チキンライス食べたいーー

吊られまくりです。

とりあえず先立つものがないということで、ちょうど両替屋さんがあったので両替することに。ここではレート0.0150で、五千円両替しました。75ドルになりました。結局、ぶらぶらしただけで終わりました。

玄関口にある両替屋さん。

中にある両替屋兼雑貨屋さん。こちらを見つけた時思わずギョッとしましたが、レートは同じでした。

白ロム屋さん。ブラックベリーやiPhone、サムスンなどの端末がゴロゴロしています。

シンガポールの平均月収は約12万前後という現地ガイドさんの説明があったのですが、それにしては町中で端末を持ち歩いている人をとても多く見かけます。Apple製品の価格で例えると、日本に比べて約2倍の重みがあると思うのですが、ローンの仕組みなどがよくできているのかな?それとも観光客なだけなのか…

カメラ屋さん。

SIMカード屋さん。日本でもソフトバンクがナニしたら金券ショップあたりからこの手の看板が出てくるんでしょうね。

保証された予算の特別の最低価格

表に出ると、ついにシンガポールのパトカーを発見。でも人はいませんでした。巨大な豪華客船も停泊していました。そういえば唾吐きやポイ捨てチェックをする人も結局最後まで見ることはできませんでした。


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。

ハーバーフロントで飲茶 料理内容と一つの事件

小腹が空いてきたような時間帯になったところで、一行はハーバーフロントへ。ここで飲茶ランチをいただきました。

客席数がとても多く、バスツアーで行く鳥取砂丘の近くの食堂のような雰囲気で、団体客用のお店だったんだと思います。

奥の方の、円卓が14卓ぐらい固まっている部屋に通されます。
擦り切れたグラスにとても温かいジャスミンティーのようなものが注がれ、タイガービール9ドルの案内が現地ガイドさんより通告されます。冷たい飲み物に関しては飲み放題払い放題ということですが、事前知識通りクーラーが強いのでちょうどいい感じにジャスミンティーで温まります。

まずスープが出てきました。次に、春巻。チリソースもありました。

ビーフンのようなもの。

お姉さんが取り分けてくれます。やさしいです。

ビーフンには手をつけない方も。思慮深い。

その次はお待ちかねのシューマイやらなんやらです。せいろのまま持ってこられます。なんとなくゴージャス感が漂います。

お兄さんがさっさかと各種せいろを広げるのですが、そのうちの一つ、肉まんのようなものを円卓の真ん中に落としました。肉まんのようなものは、まあまあ汚いテーブル中央で中身モロだしになりました。落ち着いた様子でお兄さん、オーケーオーケー、チェンジと言って肉まんのようなもののかけらを拾い集め、キッチンに戻って行きました。

それから10分ぐらいして、べつのお姉ちゃんがせいろを持ってきました。せいろの中には、割れた肉まんのようなもののかけらたちが一つにまとめられており、その肉まんのようなものに手を付ける人はいませんでした。


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。