シンガポール旅行当選記

Just another WordPress site

食後の休憩 マリーナ・ベイ・サンズ海側客室から見える朝景

満腹度120%で部屋に戻り、客室から見える朝景をパシャリ。全体的に霞がかっているのも気になりますがーーー、湿気が多いから霞むのかな?考えてもよくわからないので無心で撮ることにしました。

このお花が咲いているような建物があるところが最近できたマリーナベイサンズの植物園だと思います。

すぐそこには海。

と、トロール船?ぎゅうぎゅうに船が詰まっています。

朝日が夕焼けのようです。オームみたいな建物。

夜は青白く光ります。

プチテラスのお花がカメラに入り込んできて邪魔なので、テラスの敷居をまたいで撮影しましたが、さすがに33階の高さがあるのでビビってました。

何か作ってます。

緑がこうばしいです。

お花の先端をズームイン。

植物園内。

人影もちらほら。

みどりみどり。

漁ですよねえ。

船多すぎですよねえ。

通勤途中?のチャリンカー。

マンション群と船。

また海岸付近。

いろんな構図にチャレンジ!でも霞む!

河がキレイに見えます。

霞む!霞む!

工業団地?


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。

シンガポール植物園

ツアー日程2日目に行く予定のシンガポール植物園について調べてみました。

敷地は63.7ヘクタールもの広さ(東京ドーム13個分)を誇り、ひと回りするには3時間以上かかると言われている。敷地は南北に細長い形をしており、北から順にBukit Timah Core, Central Core, Tanglin Core の3つのエリアに分けられている。開園時間は午前5時から夜中の12時までの年中無休で、ナショナル・オーキッド・ガーデン以外は入場料は必要ない。
シンガポール植物園 – Wikipedia

日程表に「行く」とは書いてあるのですが、滞在時間が分からないのでひと回りできるかどうかは微妙です。なるべくゆったりしたいと思いつつ、早足でもたくさん見て回りたいと思いつつ。。


・特にお勧めはオーキッド(蘭)パークです。ここは料金を払わないといけませんが見る価値ありです。場内ではリスなどの動物を見ることもできました。

・途中でスコールに降られゆっくり見れませんでした。

トリップアドバイザー シンガポール植物園 Singapore Botanic Gardens

イグアナに会えるらしいので、そこは押さえたいです。噛まれない程度に抑えたりしてみたいです。スコールが降るという情報もあるので、軽い雨合羽的なものもないといけないのかなーと思います。


・想像を超える色と形の花が集う、ジンジャー・ガーデン
視覚・嗅覚ともに楽しませてくれるジンジャーの花は、実はたいへんデリケート。ほとんどの花はたった一日しか咲きません。最も美しい姿を見せてくれる時間は、午前中~昼過ぎくらい。ジンジャー・ガーデンは、なるべく早い時間にまわることをオススメします。
・ピアノを弾くショパン像はポーランドから贈られたもの
・ユーモア溢れる園内の注意書き
シンガポールナビ ボタニック・ガーデン

この紹介記事を見てからジンジャーの花は絶対に見ておきたいなあと思いました。ショパンの像と、注意書きはなるべく撮影して回りたいです。


参考にさせて頂いたサイト・ブログ
シンガポール裏日記 シンガポール植物園編
Singapore Botanic Gardens シンガポール植物園
2012年6月28日 マリーナ・ベイ・サンズの隣りに巨大植物園「ベイ・サウス・ガーデン」がオープン
もしかしてこっちかな??日程表には「植物園」としか書いてないんですよね…


るるぶシンガポール’15
最新号 送料無料です★

こちらの記事もどうぞ!

ブログランキング 応援クリックお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ シンガポール旅行へ

当ブログに掲載している写真・画像の無断使用・無断転載はご遠慮ください。